‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

綱のあるボディに改善

2014/02/20

shutterstock_97489289
 

車は利用しているとだんだんと古びていき、表面の塗装に細かい傷がついてしまうことで見た目が悪くなっていく事があります。マイカーを大切にしている人にとって、これは出来るだけ避けておきたい事でしょうが、まずしっかりとコーティングする事がおすすめになります。それをすることによって、走行をしている際に小石が当たる程度であれば傷がつくのはコートが守ってくれますし、コーティングによって車の表面は非常にツヤが出ますので綺麗な車体になります。ずっと綺麗なマイカーでありたいという場合には、しっかりとコート剤を利用して、コーティング作業を行う事が書かせません。

 
コーティングを行なう際に大切なポイントとしては、しっかりと洗車を行なってからする事が欠かせません。普段から使っても使わなくても車には細かいゴミやほこりがついてしまいます。汚れを一切落とさずにコーティングすると、それらの汚れを閉じ込めてしまう事になるので、あまり綺麗に見えない事に加えて、傷をつけてしまう恐れがあります。よりツヤを出し綺麗にするには洗車をして、綺麗にした後にコート剤でコーティングを行なう方が効果的です。愛車を綺麗にして清潔感を持たせる為にも是非コート剤を手に入れてみてはいかがでしょうか。

コーティング作業の注意点

2014/02/20

 

shutterstock_97489289

 

 

コート剤を使用する場合、いくつか注意点がありますので注意しましょう。そうしないと綺麗にコート剤を使用することができませんし、かなり危険なので注意してくださいね。
まず、コート剤を使用する場合はできるだけ自動車が綺麗な状態にすることをオススメします。それ故に、洗浄後にコート剤を使用していくことをオススメしますね。綺麗に自動車を洗車して、しっかりと水分を取ってからコート剤を使用するようにしましょう。そうしないと汚れがコート剤に混ざったり、ピカピカにすることができなかったりすることがありますので注意です。また、コート剤は素早くするようにしてください。下手に乾くようだと綺麗に塗ることができません。

 
次に、コート剤を使用する場合は、そのコート剤が自動車に合っているかを確認するようにしてください。基本的には大丈夫なのですが、たまにコート剤と自動車に使われているもので化学反応を出して大変なことになることがありますので注意してください。そして、できるだけコート剤を体内に入れないようにしてくださいね。さすがに飲むような人は居ないでしょうが、子供などが誤ってコート剤を飲むようなことになると大変なことになります。まあ、薬品関係全般に言えることなので注意をしてくださいね。

様々なコーティングの方

2014/02/20

shutterstock_97489289

 

 

新車の時は綺麗ですが、自動車のボディーの艶は放置しているとあっという間に薄れていきます。自動車の艶はただ単に美しさを増すだけではなく、ボディーにつく傷や汚れをコーティングによって防ぐことが出来るようになっているので常に綺麗な状態を保つことが出来るはずです。そんなコート剤には様々な種類がありますが、中でもコーティング剤とワックスは効果が非常に似通っていることもあって良く比較されることが多く、利用する方もどちらかしか使っていないという方も珍しくないといいます。こんなコート剤とワックスにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

コート剤とワックスの違いは色々ありますが、特に大きな違いは使用している素材の違いにあります。コート剤のほうは合成樹脂などを用いた商品なのに対してワックスは油分を使用してコーティングを行うようになっており、それぞれに大きな違いがあります。例えばワックスなら比較的容易に塗ることが出来、仕上がりもオイル独特の水の弾き方や光の反射具合に定評があり、非常に綺麗な仕上がりにすることも出ますし。コート剤の場合は多少手間は掛かるといわれていますが仕上がりは美しく、更に艶が出る期間を長期間までキープすることが出来るので、あまり洗車するための時間が取れないという方にも良いかも知れません。

目的にあったコート剤を選ぶ

2014/02/20

 

 

gf1420096371l

 

ボディの汚れはこまめに洗車を行って取り除かなければなりませんが、洗車だけでは美しいボディーを維持することは出来ません。特に自動車のボディーなどの艶はただボディーを綺麗にするだけでは現れないので、洗車と同じようにコート剤も新しいものを定期的に使用しないと、ボディーの艶は維持することは出来ないでしょう。コート剤の種類によっては新しく掛ける時期が異なったり、仕上がりに違いが出ることも多いので、是非機会があれば色々なタイプのコート剤を試してみてください。

 
現在販売されているコート剤には色々な種類があり、素材によってその効果も違ってくるので、普段同じコート剤しか使っていないという方はたまに違うコート剤を使ってみると仕上がりが変わって違った魅力を発見することが出来るかもしれません。それ以外にも同じコート剤でも商品ごとに撥水効果の高さや効果の持続期間、汚れを防ぐ効果などにも差が出てくるので、それぞれどのような効果を発揮してくれるか試してみると更に自動車を綺麗な状態にすることが出来るはずです。最近では実際に商品を利用してどの

外装をコーティングしてみる

2014/02/20

gf1420096371l

 

デリケートなパーツが多い自動車ですが、中でもボディは意外なほど傷つきやすく、洗車中に砂などが残っていただけでも傷をつけてしまう可能性があります。そうした傷つきを防ぐには定期的に洗車をすると共にコート剤をボディーに塗って傷を防ぐためのコーティングを掛けるようにすると傷つきを防ぐだけでなく汚れの付着も防止することが出来るでしょう。但し使い方を間違えると新しい傷をつけてしまうこともあるので、初めてコート剤を使用するという方は正しい使い方を覚えた上で使うようにしてください。

 
自動車のコート剤はボディーに保護膜を作って傷や汚れからボディーを守ることが出来ますが、使用する際ボディーに汚れが残っていると逆にボディーを傷つける恐れがあります。そうした汚れは一見すると気付かないほど細かいものであることが多く、洗車せずにコートティング作業を行おうとするとまずボディーは傷つくので、必ずコート剤を使用する前に洗車して砂利などの汚れを全て取り除いてからコート剤を使用するようにしてください。また必要以上に力を入れてコート剤を塗ったり、古いコート剤がボディーに残っている状態でコーティングをしようとしても塗りムラが出来て見た目が悪くなってしまうので、そうしたミスにも気をつけて作業するようにしましょう。

プロのコート剤を使用する技術

2014/02/20

gf1420096371l

 

外装をコーティングするとき、それなりの技術が必要となってきます。もちろん、普通に使ってもコート剤の効果は出てくることでしょう。しかし、プロとアマチュアでは全く違うように、このコート剤を使う技術があるのと無いのとでは全く異なりますので注意してくださいね。
コート剤を使用する技術が違うとこのようなことが違うようになるでしょう。まず、コート剤の効果時間異なります。もちろん、飛躍的に効果時間が増えるということはないでしょうが、それでもコート剤がまんべんなくして無駄がないため多少効果時間が増えることでしょう。次に、コート剤の使用量が異なりますね。もちろん、プロの方はしっかりとまんべんなく使ってもそこまでの量を使用することが無いでしょう。しかし、素人ですとその量はかなり増えると言っても良いでしょう。そして、最後にムラの量が異なりますね。プロですと、しっかりと均一にコート剤を使用するに対して、素人は一部だけコート剤が多かったり、塗りきれていなかったりということがあることでしょう。だから、結構コート剤の塗り方の技術が左右されますね。もちろん、技術をしっかりと習得すればプロ並みのコート剤の技術を使うことができるでしょう。だから、絶対にプロのようにできないというわけではないですが、それでもプロがやった方が良いですね。

各部位ごとのコート剤

2014/02/20

gf1420096371l

 

日進月歩の自動車の性能ですが、どれだけ技術が進歩しても長い間使い続けた自動車はチリやほこりなどによってどんどん汚れていきます。自動車に使用されているコート剤には様々な種類があり、それぞれ仕上がりや持続期間など様々な違いがありますが、物によっては使用する箇所にも違いがあります。ボディー以外の箇所にもコート剤を使用する事によって自動車の美しさはさらに高まるので、普段コート剤を使用していないという方はもちろん、ボディーにのみコート剤を使用しているという方も各部位ごとにコート剤を用意してみてください。
自動車のコート剤の種類を見てみると多くの商品はボディー向けに作られたものですが、中には自動車の各部位に対応したコート剤も多く存在します。例えばタイヤ専用のコート剤はタイヤのうろをより鮮やかなものにしてゴムの劣化を防いだり、内装専用のコート剤やガラス専用のコート剤も傷や汚れを防いで美しい艶を出すことができるようになっているので、これらの商品を利用することで非常に美しく、汚れや傷にも強い自動車に乗ることが出来るようになるはずです。コート剤の有無は自動車の美しさはもちろん寿命にも係わってくることがあるので、どんな商品があるのか一度目を通してみてはいかがでしょうか。

マイカーを綺麗に保つ

2014/02/20

 

道路で走行する以上、自動車には様々な汚れが付く事になります。特に最近は大気汚染が世界的な問題として取り上げられており、大気中に含まれる汚れが直接付くのはもちろん雨に含まれる有害物質が自動車の塗装を傷つけたりと色々な形で自動車を汚し、傷つけていきます。そんな状況下で自動車の美しさを可能な限り延ばすためには定期的なお手入れが必要になってくるので、普段から綺麗な自動車に乗ることが出来るようにこまめな洗車とコーティングを行いましょう。コーティングには専用のコート剤を用いると新車同様の美しいボディーにすることが出来るので、必ず一つはコート剤を用意しておきましょう。
自動車に使用されているコート剤の種類は数多くありますが、いずれも自動車のボディーなどに使用して表面に特殊な膜を作ることで自動車のボディーに汚れが付着しないよう保護することが出来ます。更に汚れが付着しなくなることによって金属片や砂埃などによって付く傷などを防ぐ効果や保護膜によってボディー全体に艶を出し見た目をより美しくする効果なども期待できるので、綺麗なマイカーに乗り続けたいという方には特にオススメです。但し効果には限りがあるので、常に綺麗な状態を保つためにもこまめな洗車とコーティング作業だけは怠らないようにしましょう。

 

gf1950145872l

自動車を守るコート剤

2014/02/20

 

 

意外なほど自動車のボディは脆く、特に塗装はちょっとしたダメージで剥がれたり傷ついたりします。そうしてできた傷は見た目にも悪影響を与えますし、時には錆付きの原因になることもあるので、そうした事態に陥らないためにもコート剤を使用して塗装が剥がれないようにする必要があります。コート剤は何ヶ月かのペースで剥がれ落ちてしまうので、目に見えて車のボディーに艶がなくなってきたり汚れが激しくなってきた時は洗車終わりにコート剤を塗ってあげてください。
自動車のコート剤は表面に膜を作ってボディーの塗装を守ることが出来ます。更に保護効果だけではなく、ボディーに艶を出して見た目にも美しい状態にすることが出来ますし、汚れに対しても強くなるのでしばらくの間は綺麗な車に乗り続けることが出来るでしょう。但しコート剤は雨や紫外線など運転中に受けるダメージや経年劣化によって少しずつその効果を失ってしまうので、定期的に新たにコート剤を使う必要があります。この時古くなったコート剤がボディー表面に残っていたり汚れが付いたままの状態だと塗りムラが出来てしまうので、作業前には必ず丁寧な洗車を行って汚れも古くなったコート剤も付いていない状態にしてください。

 

gf1950145872l